STAFF BLOG
トップページ > ブログ一覧 > スタッフブログ

管球交換

2022.4.4
建物管理の大事な仕事のひとつに
共用部の管球交換があります。
誰だって照明の切れたマンションの暗い廊下を歩くのは嫌です。
まして自分の部屋の前だったりしたら尚更。
「これじゃ鍵穴がみえないよ」なんてことになり兼ねない。

そうならないために気をつけているわけですが。
しかし、行ってさっさと交換してきちゃう
という単純な作業でもないのです

マンションの共用部の照明は大体がタイマーか
照度計が組み込んであって
一定の時間もしくは暗くならないと点灯しません。
だから勤務時間中(昼間)に行っても
どの電灯が切れているのかはわかりません。

まずは配電盤の位置と
建物毎に違う手動による強制点灯の方法を覚えなければなりません。
あとは足で稼いで数をこなす。

点いてない照明は一灯もない。
いつも明るい共用部!
これがわが社のモットーです。
このモットーを死守すべく、巡回に励む毎日であります。



pagetop